目の健康は体全体の健康

情報化社会が進むに連れて、目の酷使が問題となっています。
昼間は仕事でパソコンを眺め続け、夜にはスマホを眺め続ける。
そんな人が多いのではないでしょうか。

 

ですが、これでは目が休まる暇がありません。
最近はブルーライトが網膜を痛め、神経を興奮させるなどと言われており、それに対応したブルーライト専用メガネや、ルテインやアントシアニンといったサプリメントも数多く発売されています。

 

中心性漿液性脈絡網膜症を悪化させない方法。休養とサプリメントで

 

もちろん、こういった眼鏡やサプリメントは目の健康にメリットがあります。
最も良いのは、そもそもパソコンやスマホの画面を眺める時間を短くすることですが、それは難しいですよね。
なので、メガネやサプリメントといったツールを上手に使って、目の健康を維持していきましょう。

 

 

中心性漿液性脈絡網膜症(中心性網膜症)再発予防サプリメント

 

あまり目を酷使していると、加齢黄斑変性症や中心性漿液性脈絡網膜症、白内障など、ある程度歳を重ねてから目の病気になってしまう場合があります。
少しずつでもいいので毎日しっかりケアして、目の疲労蓄積を防ぎ、病気も防いであげましょう。